マダニに刺され手で取ってしまった!!マダニに刺されたらどうなってしまう!?

目安時間 13分
  • twitterへのtweet
  • 人気ブログランキング

こんにちは。まりちゃんです。

みなさん、マダニに出くわした事がありますか?

噛まれたら運が悪いと感染症を起こし
死に至る可能性のある
あのマダニです。

先日私、
そのマダニに噛まれまして…。

お風呂の途中に
石けんがなかったので
全裸のまま薄明かりの収納庫でがざがさ
石けんを探していたら

後ろに娘がいて
「ママ。背中に何かついてるよ。」

って言ったので
ほこりかなんかがついているのかな?と思い
「えっ?取って!」
と娘に頼んだら

娘がつまんだその指先には
黒いスイカのタネくらいの大きさの

そう!!

マダニ

がいたんです!!

ただでさえ
(生態系は無視して)
この世に虫なんていなければいいと
思っているくらい虫が嫌いな私は

ギャーーーー!!!

ってなりましたよ。

それに比べて虫が平気な娘は
指先にいる虫を何の虫かも知らずに

「まだ生きてるよ」

なんて平然と言うものだから

ふたたびギャーーーーー!!!

となり、全裸で慌てふためきました。

マダニと聞いてピンとこない都会育ちのあなた!

先ほども述べましたが
マダにに噛まれると
運が悪いと

人は死ぬんですよ!!

こんな人に読んでもらいたい

・マダ二の存在を知らない都会育ちのあなた
・動物を室内で飼っていて外にも散歩にいく飼い主さん
・家の周囲に草むらが多い人
・草むしりや草刈りをする人
・キャンプなどアウトドアが好きな人
・外でおもっきり遊ぶわんぱく坊主がいる子育て中のパパ・ママ




マダニっていったいどんな虫なの?

マダニの正体

・マダ節足動物門鋏角亜門クモ綱ダニ目マダニ亜目マダニ科(Ixodidae)に属するダニ
・8本の脚からなる節足動物でクモに近い生き物
・家の中に住むダニとは違う
・固い外皮に覆われている
・大きさは3~4mm(吸血前)(イエダニの10倍くらいに相当)

ゾッとしますね。

私の背中についていたマダニは
スイカのタネくらいと言いましたが
かなり血を吸っていると予測されます。

という事はもう2~5日くらいは
私の背中に寄生していたと考えられます。

恐ろしい
寒い
怖い
気持ちわるい(泣)

マダニはどこにいるの?都会には関係ない事?

マダニの生息場所

マダニは全国どこにでも生息しています。
特に森林や川に生息していますが
公園の草むらにも
普通にいます。

私も、西日本の方に引っ越してくるまで
マダニに出くわした事がなかったし
田舎の話だと思っていたんですが

どこにでもいますよ!!

実家は中日本ですが
夏に実家に帰った時
裏の草むらで犬を散歩させたその夜
愛犬Sun君のおでこに何かついているな?
って思ったら
マダニでした…し。

息子の野外学習で公園に行った時
シートを敷いて作業をしていた時
シートの上を普通に
マダニが散歩してましたから。

マダニが出る季節

・春
・夏
・秋
・冬

はい。オールシーズンです。
春が一番多いと言われています。

がしかし!
秋も以外に多いことは
あまり知られていないようですが
秋はピークシーズンともいわれていて
そして冬も普通に生き延びています。

動物を飼っている人は特に要注意

犬や猫を飼っていて外にも出したり散歩に行く人
要注意です
都会の公園でも!です。

今回の私に寄生したマダニは
おそらくSun君かSeaちゃんから
私の背中にたどりついたと思っています。

 

特に草むしりもしていないし
山にも行っていません。
行ったのは犬の散歩だけです。

散歩中に犬の毛の中に紛れ込み
そのまま家に入り
犬とじゃれ合ったり
抱きしめたりしたその瞬間に

わたしの首元からか、袖口からか、腰あたりからか
侵入してきたんです。

そう。
知らないうちに

なぜ数日も背中に寄生されて気がつかないの?

私がただ鈍感なだけ。
ではありませんよ!!

マダニは人や動物の皮膚に
口から頭部までしっかりと突き刺し
埋め込んでしまいます

日常生活程度の振動では
うんともすんともい言わず
くっついて離れません

それなのに、吸血されている間は
痛みも痒みもないんです

ですので全く気がつきません。

ましてや目に見えない背中なんかに寄生されていたら
絶対わかりませんよ。
長い期間では10日も吸い付いている事もあります。

実際にわたしの背中から取りたてのマダニです👇

そしてこのお恥ずかしい背中が
マダニを取った後の背中です👇




マダニに噛まれたら

マダニを皮膚に吸い付かせたまま
医療機関に受診しましょう

えーーー!!!
って声が聞こえてきそうですが
気持ち悪くてもすぐに取りたい気持ちは
もちろんわかりますが
吸い付かせたままいきましょう。

決して無理に引き抜こうとしてはいけません。

もし、無理に引き抜いてしまったら
マダニの一部が皮膚内に残って化膿したり
マダニの体液を逆流させてしまい
危険です!!。

だから
私のように
娘につまんで取ってもらうなんて
もっての他です…。

私はすぐに自分の勤務先の病院を受診し
背中に埋もれているかもしれない
マダニの口をとってもらう処置をしてもらい
念のため抗菌剤を処方してもらいました。

数日後に発熱しないか
どきどきしながら過ごしていましたが
感染症を引き起こすことなく経過し
背中の傷跡も問題なく治癒しました。

マダニに噛まれて一番恐ろしいのは感染症

冒頭でも述べましたが
おそろしいウイルスに感染すると

人間は死んでしまう事があります

マダニが媒介するウイルス感染症

・重症熱性血小板減少症候群(SFTS)
・日本紅斑熱
・ライム病
・つつがむし病

上記の中では一番怖い感染症が
重症熱性血小板減少症候群(SFTS)です。

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の症状

マダニに咬まれてから
6日から2週間程度の潜伏期間があります。

・原因不明の発熱
・消化器症状(食欲低下,嘔気,嘔吐,下痢,腹痛)
・頭痛
・筋肉痛
・神経症状(意識障害,けいれん,昏睡)
・リンパ節腫脹
・呼吸器症状(咳など)
・出血症状(紫斑,下血)

といった症状が出現します。
高体温と倦怠感が持続し
医療機関を受診しようやく気が付く
という事が多いです。

実際に私が勤務していた病院でも
上記症状で入院され
運悪く感染症が発症し死に至りました。

その患者さんは
隣の空き地の草が自分の敷地に入り込んできたため
草刈りをしたそうです。

その時は気が付かなかった。

数日して
上記症状がではじめて
血液検査の結果で異状がわかり
Drが問診したところ

草刈りの話が出たので
もしかして
重症熱性血小板減少症候群(SFTS)
じゃないかと疑い検査して確定診断に至りました。

この感染症が最も恐ろしいのは
有効な治療法は
ないんです。

対症療法はありますが
根本的な治療法がない。

そう!自分の抵抗力との闘い。
それにかけるのみになります。

「隣の家の草なんて刈らなければよかった。」
その患者さんは闘病中にそう言いました。

数日後お亡くなりになられました。年齢は60代。

悔みきれないですよね。
こんな亡くなり方。

厚生労働省ホームページで詳しい解説があります👇

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/sfts_qa.html

動物もマダニに噛まれると危険?

動物は人間に比べると
感染率は低いと言われています。
症状を示さない不顕性感染と考えられていますが、

ネコは重症化し
死亡した報告があります。

もし飼い犬や猫に
マダニが付いているのを発見した時も
飼い主がとってしまわずに
動物病院に行って
とってもらったほうがよい
でしょう。

うちのSun君にマダニがついていた時も
「頭に何かペタンペタンとした黒いものがついてるな」
って思い手で触ってしまっていましたが
ひっぱっても全然取れずおかしいな?と思い
良く良く見ると
私の背中についていたあのマダニだったので
鳥肌ものでした。

ペットについているマダニに触れたら感染するのか?

ペットに付いているマダニに
触れたからといって
感染することはありませんが
そのマダニに咬まれれば
その危険性はあります。

また、SFTSウイルスに感染し発症している動物の
血液などの体液に直接触れた場合
SFTSウイルスに感染する可能性があります。

実際に飼っているネコから感染したニュースは
世間を騒がせましたよね。

マダニに噛まれないようにするにはどうすればいいのか?

動物を飼っている場合

・寄生しないようにマダニよけを服用する
・寄生しないようにダニよけを動物の体に付ける
・外から帰ってきたときは動物の身体チェック
・ブラッシング(家の外で)

飲み薬もありますが薬を飲ませる事に
なんとなく抵抗があり
これが一番便利で愛用しています。
年齢・体重に合わせて
動物の皮膚をかき分けて直接皮膚に投与するだけです👇

草むしりをするときや山登り・アウトドアの場合

・肌を出さない服装
・足首・手首・首もとは特に要注意でタオルや手袋をする
・帽子をかぶる☛髪の毛に潜り込み頭皮にかみつく事も多い
・アウトドアや草刈りなどで自然と触れるときは前もって
ダニ除けスプレーなどをやっておく

人間には
100%植物由来原料使用のこちらアロマースプレーがおすすめです👇
子供にも使えて虫よけスプレーに抵抗がある人にめちゃいいです。

まとめ

マダニによる恐ろしい感染症にかかった場合
マダニで人や動物は死にます

適切な駆除とチェックと
定期的なケア予防が不可欠です。

マダニは夏だけではありません。
マダニは田舎の話だけではありません。
マダニはオールシーズン
日本全国に存在しています。

そう。
あなたの見えないその背中に
寄生しているかもしれませんよ。(汗)

ランキング参加中です。応援していただけたら嬉しいです。👇
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




  • twitterへのtweet
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

まりちゃん

まりちゃん

42歳女性。看護師22年目現役看護師です。趣味は23歳か始めたサーフィン。中1反抗期娘と小4暴れん坊息子の子育て奮闘中。子供たちは生まれてからずっと反抗期。2匹の(4歳)ミニチュアダックスフンドと同居。トイレトレーニングも失敗しかなりの吠え癖あり。遊漁船経営の自由人の夫一人。働きながら子育てし、忙しさに追われながらも日々何かを感じ同じ悩みをもつあなたと共感し、みんなが楽しく過ごしていけますように。知識経験を生かしあなたの人生に少しでもプラスになる良い情報発信していきます!

アクセス解説研究所