同じ服や靴下しか着られないのは子供のわがまま?着られないには理由があった!!

目安時間 12分
  • twitterへのtweet
  • 人気ブログランキング

こんにちは まりちゃんです。https://twitter.com/iMarisunsea
学校が始まって、まだ数日だというのに
すでに、暴れん坊長男(小4)の

登校前のグズグズに
やられています。

グズグズ言う息子に穏やかな対応をするように
自分に言い聞かせて
はや10年。

失敗ばかりです。

 

ところで
感覚過敏という言葉を聞いたことがありますか?
冷たいものやあったかいものを食べたら歯がしみる。あれ!
・・・ではないですよ。

 

長男の朝のグズグズの原因の一つなんですが

靴下を履いてもすぐに脱いでしまう。

何回か履き直しても納得いかずまた脱いでは履くを繰り返す。

シャツを着ても肌への当たりが気に入らないのか

もぞもぞしてぐずりはじめる

などなど・・・

 

こういった子供の行動は

ただ、子供が学校に行きたくないために

親を困らせているわがままかと思っていましたが

これは、ただのぐずりではなく

 

感覚過敏が原因だったんです!!

 




 

感覚過敏とは


五感から受け取る刺激を過剰に強く感じてしまい
こうした症状で激しい苦痛を伴ったり、不快感を感じてしまう状態
をいいます。

感覚過敏の種類と症状

  • 聴覚過敏:特定の音が耳に刺さるように聞こえる。音の遠近感がわからない。
  • 視覚過敏:モニター画面や蛍光灯などの明かり、陽ざしが目に突き刺さる感じがする
  • 嗅覚過敏:香水や洗剤のにおいが異様に苦手で気分が悪くなる
  • 味覚過敏:特定の味に対し過度な不快を感じる
  • 触覚過敏:服の繊維などが異常に不快に感じる

原因

  • 発達障害(自閉スペクトラム症)
  • 精神的な病気
  • 心理的な要因(緊張・疲労・ストレス)
  • HSP(※これについてはまた。)

上記のそれぞれの症状は感覚過敏でない人にも
ある程度は見られる症状だと思います。
それを異常にとか、過度に感じてしまう場合は
感覚過敏の可能性があります。

感覚過敏は周りから理解されにくく
我慢が足りないと思われてしまうことが多いです。




触覚過敏

我が子は感覚過敏の中の触覚過敏でした。

私も実際に子達のこうしたグズグズは、ただ我慢が足りない
と思っていたので、
すごくイライラしていました。

特に子供は、思いをうまく伝えられず
過敏をグズグズといった態度で表現してきます。

触覚過敏の症状
  • 衣服の繊維が気になる
  • 特定の物を触るとゾッとする
  • 人と握手ができない
  • ゴムがついているものが履けない
  • ストッキングが履けない
  • マスクがつけられない

長女の症状
衣服の繊維が気になる
・靴下が決まったものしか履けない
・制服のスカートの肩紐が肩にはめられない

長男の症状
衣服の繊維が気になる
・靴下の縫い目が肌に当たると不快
・下着(特にシャツ)の縫い目が肌に当たると不快
・学校の制服が着れない
・ランドセルの肩の部分が服の上からでも肩に当たるのが不快
マスクが決まったものしか装着できない

ちなみに感覚過敏を調べだして気がついたのですが、私も感覚過敏でした。

私の症状

  • ゴムがついているものが履けない
  • ストッキングが履けない

特にゴムのついた衣服はやばいです。
「いーーー!!」ってなります。
ストッキングも履けない。どうしてもの時は我慢して履きますが、
ストレスでお腹が痛くなったりします。
気分によっては下着も嫌です。

治す方法

 

感覚過敏にこれをしたら絶対治る!といった治療法は存在しないようです。
※発達障害の場合は薬を服用する事もあります

1番有効な方法は対処法です

とにかく避けるしかない。

・聴覚は聞こえない聞かないように
・視覚は見えない見ないようにする

といったように。

私が実施した我が子達への対処法

長女
  • 靴下が決まったものしか履けない
    決まった靴下しか履けないに対して、
    唯一、コムサの特定の一足が奇跡的これを何足も買いだめしました。
    学校の靴下なんて、すぐに汚れるし5足500円程度のもので済むはずですが
    一足1000円以上したので大変お金がかかりましたよ。
    ましてや以前お話したように片付けられない症候群なので
    どこかに脱いできてはすぐに失くしましたから大変でた。
    近くの店では買えない➡でも普通の靴下は履けない➡すぐに失くす➡
    コムサの靴下じゃないとグズグズ言う➡
    ほんと、ね。
    ストレスの以外のなにものでもないですよ。
  • 制服のスカートの肩紐が肩にはめられない
    学校の制服のスカートの肩紐については学校の先生に伝え、
    肩にははめずにいました。
    だらしなく腰に垂らしたままです。
    周りも先生も知っていたので
    本人も紐を垂らしていても気にしていませんでした。
長男
  • 靴下の縫い目が肌に当たると不快
    「衣服の繊維が気になる」というのは長女とは少し違って、
    靴下の縫い目や下着の縫い目が肌に当たると
    かなり不快を感じるようです。
    靴下の縫い目が肌に当たることがゆるせないみたいです。
    縫い目を何度も何度もずらして履いてはみますが、
    動くたびに肌にあたり ストレスになる。
    朝の忙しい戦争時間に何度息子の靴下を、
    はかせたり脱がせたりした事か。

 

  • 着の縫い目が肌に当たると不快
    そしてシャツも同じです。
    シャツの縫い目が腰あたりにあたることでストレスに感じます。
    そこで購入したのがシームレス靴下と敏感肌用のシャツです。
    これを購入してからは朝のグズグズは劇的に改善されました。

 

  • 学校の制服が着れない
    これに対してはほとんど体操服登校にしました。
    制服なんて4年生ですがピカピカです。
    ピカピカですが、もう小さくて着れなくなり
    4年生になって着もしない制服を新調しました。
    いつかは着る時が来ると信じて。

 

  • ランドセルの肩の部分が服の上からでも肩に当たるのが不快
    ランドセルの肩の部分にはスポンジを挟んだり、
    分厚めの被覆剤を皮膚に直接貼ってクッションにしたりしました。
    気分によってなんともない日もあればギャーギャー言う日もあり一過性はありません。

 

  • マスクが決まったものしか装着できない
    そして、マスク。これがまた厄介。
    マスクは綿のものしかだめで、新品は受け付けません。
    何度も何度も洗濯してぼろぼろにした肌触りのものじゃないと無理。
    まとめて買っておき使ってもいないマスクを毎日毎日、
    ばかみたいに洗濯しぼろぼろにしました。
    私の心もぼろぼろですよ。ほんとに。

それでも、
感覚過敏を知ってからは

感覚過敏の特性に対する対処法を知っているのと
知らないのとでは、

こんなに親の気持ちと心がまえもちがうのかと驚いたものです。

長女の小学校一年生の担任の先生が教えてくれた
嘘のようで本当の対処方法

・子供の背中にお母さんの指で一本筋を書く
・後ろ向きで走らせる

 

なんの意味もないような話ですが結構効果がありました・・・。

要は気を反らすと言う事です。

靴下が気持ち悪い「うわーーーん!!」となっている
子供の気持ちを転換させる方法が有効的でした。
それが簡単にできてば苦労はしないんですけどね

周囲に周知してもらう事

親としてできる行動は
みんなとなんだか少し違う
と言う世間の偏見の目から

子供を守ってあげる事。

隠さず学校になんでも相談することはとても大事です。
周囲に伝えて理解してもらう事。

私は気になることがあればすぐに学校に相談しに行っています。
親じゃないと気がつかないことは多々あり
先生も親に相談されてから、今まで以上に気にかけて子供を見てくれる。
相談することはプラスしかないと思います。
モンスターなんやらにならない程度に・・・。

まとめ

発達障害は「生まれつきの脳のタイプの違いと」言われていますが、
前文でも書きましたが、
感覚過敏はさまざまな原因があり

我が子達の場合は
特定の原因はわかりません。

我が子達の場合は
・ただ親が気づかなかたっただけなのか
・生まれた時からあるものなのか
・突然始まるものなのか
定かではありませんが、
いずれにせよ

年齢を重ねるうちに対処法で症状は改善する

とういう事がわかりました。

長女の感覚過敏は保育園の年長に気づき2年生頃には収まり、
いつの間にかその時の苦労も忘れていきました。

ですので、長男が3年生くらいからグズグズ言い始めて、
なんで急に学校に行く前に
グズグズ言うんだろう?学校行きたくない理由があるのかな?

なんて思っていました。

長女でかなり苦労したはずなのに
長男の感覚過敏になかなか気がつかなかったのは
なんでなんでしょうね?

子供のために苦労したことは忘れてしまう
これが親から子供へ与える無償の愛という事なんでしょうね。

  • 感覚過敏は我慢がたりないせいじゃない
  • 合った対処法を実施する
  • おちつかないときは気持ちをそらしてあげる
  • 感覚過敏の症状は対処法により年齢とともに落ち着いてくる

 

母はえらくてすごい!

やはり親が子供の特性をしりつくし無償の愛を注ぐこと

それが一番大切だと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ランキング参加中です。応援していただけたら嬉しいです。👇

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村">


人気ブログランキング">




  • twitterへのtweet
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

まりちゃん

まりちゃん

42歳女性。看護師22年目現役看護師です。趣味は23歳か始めたサーフィン。中1反抗期娘と小4暴れん坊息子の子育て奮闘中。子供たちは生まれてからずっと反抗期。2匹の(4歳)ミニチュアダックスフンドと同居。トイレトレーニングも失敗しかなりの吠え癖あり。遊漁船経営の自由人の夫一人。働きながら子育てし、忙しさに追われながらも日々何かを感じ同じ悩みをもつあなたと共感し、みんなが楽しく過ごしていけますように。知識経験を生かしあなたの人生に少しでもプラスになる良い情報発信していきます!

アクセス解説研究所