痛みによる精神的苦痛と手当の効果

目安時間 11分
  • twitterへのtweet
  • 人気ブログランキング

こんにちは。まりちゃんです。

昨日、暴れん坊息子が学校のブランコで飛び降り
膝をすりむいて帰ってきました。

私が仕事から帰ってくるなり

ひざのけがを、骨折でもしたか?
ぐらいのおおげさな痛がり様で
消毒しバンドエイドを貼った瞬間に
さっきの痛がり様はなんだった??

っていうぐらいぴたりと収まりました。

だけど、学校のブランコと言うのは
けっこう危ないんですよ。

半年前には学校の休憩時間に、
ブランコで遊んでいた息子。
ブランコを勢いよく漕ぎすぎて
ブランコの一番高いところから
後ろ向きで空中を飛び

転落。
後頭部を激打し
そのまま救急車ではこばれる
という事件もありまして。

学校から「息子が救急車ではこばれました!!」
って連絡来た時の血の気が引く感じはやばかった。

長女もブランコが頭に激突し流血して
5針くらい縫った事もあります。

ブランコ要注意ですよー。

話はそれましたが
こうやって痛みに泣き叫ぶ子供が
少しママの手を添えてあげるだけで
急に泣き止んだ、治った?!と言う話は
よくあることですよね。

こんな人に読んでもらいたい

・看護師さんや介護士さん
・痛みに激的に弱い子を持つ子育て中のママ
・慢性的な痛みがある方を介護している人
・大切な人がそばにいる人




手当てで痛みを和らげる方法

それは痛いところに手を当てる

それだけなんです。

なんだそれ?
と思わないで最後まで読んでいただけたら
ありがたいです。

手当てとは

医療で言う手当てとは
治療をすると言う意味で使われますが、

ここで言う手当てとは
字のとおり痛いとこや悪いとこ
手を当てる事を言います。

手当てをすると不思議なくらい
痛みや気持ちが和らぐものです。

これを世間では
手当て療法

と言うそうです。

誰もがそうだと思いますが
自分がお腹が痛かったり
腰や足が痛いとき

自然に手が痛いところに行きますね。

私もつい昨日まで
歯茎に激痛があり
食事もできないほどの痛みに3日ほど
耐えていました。

歯医者はけっこう予約がないと
すぐに受診できないんですね。

ずっと痛い歯茎の外側の頬に
手を当ててさすっていましたね。

痛み止めを乱用していましたが
病院で診てもらえるとわかった途端に安心して
少し痛みも和らいだ気もしました。

それにしても、本当痛かったーーー。(泣)

ママたちはすでにやっています

冒頭でも書きましたが

子供なんてすごく良い例ですねー。
転けたりした時に
本当なめとけばなおるような傷でも
(注:傷はなめちゃいけませんよ)
血を見るなり泣きわめきますが、
洗ってバンドエイドを貼り
痛い部分に手を当てて

「痛いの痛いの飛んでけーー」

なんて言うと
びっくりするくらい
あっさり泣き止みますね。

あとは、
子供が眠る時やかんしゃくを
起こしたときなんかに

胸や背中に手を当てて優しくさすったり
トントンしてあげて寝たり落ち着いたりします。

これは、
安心と言う心の手当てを
受けたからです。

*子供・大人でも擦り傷以上の少し深い傷に*
きれいに傷口を洗った後に、
消毒液は付けずにこれを貼ります。
溶けだしたら交換するので毎日交換しなくても大丈夫
傷がきれいになおりますよ👇

看護現場では大活躍

看護師をしていて
これはとっても大きな影響を与える
看護の手法だとも思ってます。

なんらかの病気で
痛みがあると言うのは
苦痛でしかありません。

それに、
痛みの程度と言うのは
痛みを表現する時に使用する
疼痛スケール表(※)
と言うものがありますが
実際の所、本人の痛みの感じ方は
本人にしかわかりません。

*疼痛スケール表一部参照
ビジュアル検索クエリイメージ

痛みの表現を言語や数値ではなく、人の顔の表情によって評価するスケールです。患者さんに自分の心情に近い表情を選んでもらい、痛みを評価します

疼痛緩和とは

鎮痛剤を使用したり
癌生疼痛に対しては
麻薬を使用し
疼痛コントロールを行い
痛みを和らげる方法を行います。

他にあっためたり(温罨法)
冷やしたりする(冷罨法)方法もあります。

だけど、それと併用し
痛いところをさする(なでる)事

たいていの人は

楽になった、和らいだ。

と感じ、実際には表情も落ちつかれます。
私は手当て療法と言う言葉は知らなかったのですが

これを手当て療法と言うなら本当に
その言葉の通りだなぁと思います。

薬も何も使わない。ただ

手を当てるだけで和らぐ。

すごい療法だと思います。

病気になって不安。
痛みに対して
痛くて痛くてその痛みが
永遠に続くのでは
ないのか
と言う未知の不安。
痛みが続く事にたいする

心身の疲労。

そう言う精神状態である時に
看護師が来て、
患者さんの痛いとこに手を当てて

「大丈夫。楽になりますよ。」

なんて言われ、なでてもらえたら
本当に気持ちが楽になるかと思います。

マッサージも看護師の仕事の一つです

他にも
痛みや悪い部分とは関係ないところでも

手当てというのは効果をもたらします。

慢性期の患者さんや
施設に入所されている方などで
ADL(日常生活動作)が低下して、
あまり自分で動く事が
できない方に対して

・手足のマッサージ
・バンドマッサージ
・足底マッサージ
・フェイスマッサージ
・ブラッシング(頭皮マッサージ)

を実施するととても良い顔をされます。

また、
せん妄(※)で興奮していたり

※せん妄は、突然発生して変動する精神機能の障害で、通常は回復可能です。 注意力および思考力の低下、見当識障害、覚醒(意識)レベルの変動を特徴とします。 多くの病気、薬剤、毒物などが、せん妄の原因になりえます。 診断は症状と身体診察の結果に基づいて下され、原因を特定するために血液検査、尿検査、画像検査を行います。

参照: www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム/09-脳、脊髄、末梢神経の病気/せん妄と認知症/せん妄

不眠で全然眠らなかったり
認知症で独語をずっと言ってたりする方でも

表情ががらっと変わり
落ちついたり
入眠されたりと

かなりの効果をもたらしています。

これは人の手が身体に触れることで

リラックス効果をもたらし、

かなりの安心感を得ることが出来たから
だと思います。

ですから、これもまた手当てと言えます。

これは絶対と言う保証はありませんが
私が22年の看護現場で実施してきた
実績での評価であります。

マッサージが看護の仕事?
と思う人もいるかもしれません。
実際には、めまぐるしく忙しい看護現場で
この方法を取り入れることは
とても難しい事です。

だけど、
医療的処置やその他日常生活看護、指導
他…。の合間にリラクゼーション、手当てを
取り入れる事で
看護の質は格段にあがることと思います。



心の余裕を持つ

相手にこころに余裕を持ってもらう。
これが大切だと思います。

仮に看護師にこころの余裕がなけれは
相手こころの余裕を
提供する事は絶対にできません。

相手は看護師の忙しそうな様子
表情を一瞬で感じとります。

今は忙しそうだな。
こんなこと言ったら迷惑かけるな。

なんて、相手に遠慮させてしまう
看護師では
とても質が高いとは言えませんね。

とは言え
私もこの22年間の看護現場で

こころの余裕

と言うのは
永遠のテーマであり

実際にできているかの評価は
決して100%ではありません。

それだけ気も張っていますし
いろいろなところに見をむけています。
時間なんて瞬足に過ぎ去っていきます。

だけど、意識するかしないかでは
行動が全く違ってきますね。

自分が相手に対して
手当てをほんの少しでも実施する事で

何人もの不安を和らげ安心してもらえる
と思うと

とてもステキな看護を提供
できているなぁと思います。

まとめ

日常的に手当てを取り入れてみてください。
看護とは別で
日常的に手当てを実施してみてください。

・母から子供へ
・大切なパートナーに
・友達に
・飼っている犬やネコに

みんなきっと気持ちがらやわらぎ
痛みが楽になり
安心して
辛い時を乗り越えて行ける事と
思います。

痛いところや悪いところ、身体に手をあてるだけ。
たったそれだけなんです。



  • twitterへのtweet
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

まりちゃん

まりちゃん

42歳女性。看護師22年目現役看護師です。趣味は23歳か始めたサーフィン。中1反抗期娘と小4暴れん坊息子の子育て奮闘中。子供たちは生まれてからずっと反抗期。2匹の(4歳)ミニチュアダックスフンドと同居。トイレトレーニングも失敗しかなりの吠え癖あり。遊漁船経営の自由人の夫一人。働きながら子育てし、忙しさに追われながらも日々何かを感じ同じ悩みをもつあなたと共感し、みんなが楽しく過ごしていけますように。知識経験を生かしあなたの人生に少しでもプラスになる良い情報発信していきます!

アクセス解説研究所